ルール内で要望を聞いてもらい風俗で普段味わえない快楽を!

仰向けに寝転んでいる女性

TOPICS

風俗店などの料金設定について

風俗店やデリヘルを利用する場合の1時間当たりのお客様の単価は、一般的な料金の形態を採用しているお店では1万5…

READ MORE

他の風俗店のサービスを盗む

実は売れている風俗店のサービスを盗んでいる風俗店も結構あります。いいサービスは自分の店でも導入すべきと考えて…

READ MORE

外国人観光客に対する風俗業界の反応

円安で日本に来る外国人の人数が増加しているとニュースで報じられている。ホテルや旅館等をはじめ、観光に関係する…

READ MORE

外国人観光客に対する風俗業界の反応

円安で日本に来る外国人の人数が増加しているとニュースで報じられている。ホテルや旅館等をはじめ、観光に関係する業界にとっては笑いが止まらない状態がしばらくは続きそうだ。そうなると風俗にも多くの外国人が押し寄せて好景気になりそうだと思うのだが、実はそうでもないらしい。
外国と日本の風俗の決定的な違いは本番の有無である。外国では基本的に挿入ありで、日本の性風俗とは様相が違う。世界を基準にすると本番を行わない日本の方がマイノリティー的存在なのだ。
そんな本番ありがスタンダードの外国人が店に来てもトラブルになるだけで、利益にはならないと店側は考えている様なのだ。例外的に国内でもソープは本番があるが、それでも言葉の壁が存在しているから接客は簡単ではない。料金の支払いも入浴料とサービス料という2つがあるから、それだけでも理解してもらうのは難しい。「さっき金は払っただろ!」となるのは容易に想像できる。
実際、日本に来る観光客で風俗が目的の人は少ないだろうから、あまり深刻に受け止める事もないだろう。興味がある人は予めネットで日本の風俗事情を調べてくるだろうから、外国人が利用できない店が多い事を理解してくれていると思う。